FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ROOM No.1301 #8 妹はオプティミスティック

ROOM NO.1301〈#8〉妹さんはオプティミスティック! (富士見ミステリー文庫)存在しないはずのとあるビルの13階に選ばれた少年少女達が織り成す恋愛模様、第8弾。7点。

今の所、起承転結の承の部分なので、まあこんな所かと。でもシーナ編結構長いなあ。4巻から始まってるのね。でも、8巻のプロローグを見る限りシーナは芸能人として独り立ちしたっぽいな。シーナの佳奈への恋は実らなかったみたいだけど、最後まで描くのだろうか。シーナ&バケッツの活動を通じて、健一が当初より随分前向きになったような気がする。ただ、プロローグで健一は錦織エリと連絡が取れなくなっているのが謎だ。また彼の身に何か起きたらしい。そろそろシーナ編は終了なのかな。

他のキャラクター達にも話を振らないと空気になってきつつあるかも。空気になるってことはそれだけ自分達の居場所を見つけたと言えないこともないのかなあ。でも13階を卒業するまでには至ってないけど。

しかしツバメの空気が読めてなさっぷりがなんともひどい。あの千夜子を怒らせるとはね。

テーマ:ライトノベル感想 - ジャンル:小説・文学

2008.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | BOOK

スケッチブック~full color's~

スケッチブック~full color's~ 第1巻

癒し系アニメですな。ほんわかまったり。8点。

原作は未読。どんな話なんだろう。

妙に変な人の集まっているとある郊外の高校の美術部の面々のまったりした生活を描いたお話。大体6月くらいから翌年の4月くらいまでかな。文化系クラブなんて変な人が集まるのが定番だけど、このお話もお約束通り変な人が集まっている。主人公の空は極度の人見知りだし、夏海はマペットと一人おしゃべりしてるし、栗原先輩はいつも虫見てるし、空閑先輩なんて謎の挙動してる。みんなで写生会しようと呼びかけても大半の部員はずる休みしたりと、斜陽の部という感じがありありだけど、そこら辺が逆にまったりさを醸し出しているんじゃなかろうか。まとまりがなさそうで、でも合宿や日常の部活には出る。このマイペースさがARIAにも通じるところがあるかな。ARIAのまったりさが気に入ったならば、このアニメも高評価なのではないかと。

福田徳之助、どうみてもいとうのいぢの自画像にしか見えん…(苦笑)。まあこれはしょうがないんだろうけどね。

あと、地味に空の成長物語になっているのよね。1話なんて自己紹介なんて満足にできなかったのに、最終話では自分でちゃんと自己紹介ができるようになる所まで成長したんだよね。まだまだ恥ずかしがり屋だけど。ここら辺はアニメスタッフの強い主張を感じるなあ。監修の佐藤順一節なのかねえ。

違和感があるとすれば声優さんかなあ。ハーさんはちょっと伊藤静にはつらかったのではないかと。ちょっと猫的な演技ができていなかったような…。特にミケ役の金田朋子がはまっていただけにね。逆にお気に入りは空閑先輩役の斉藤桃子。あの異次元さがなんとも言えん。

しかも最終話は同じ制作スタジオが手掛けているARIA3期にバトンタッチとはやるな。第2シーズン作るのかなあ。ネタさえあればなんとでもなるんだろうけど。第2シーズンはちょっと期待したい所。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

2008.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ

生徒会の一存

生徒会の一存―碧陽学園生徒会議事録〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)いやー、各所で評判になっているだけあって面白かった。軽く読めるよね。7点。

作者があとがきで書いているように、単に生徒会でだべっているだけなのになんでこんなに面白いんだろう。登場人物に結構癖があるからなのかも。主人公は美形だけど、『それなんてエロゲ?』と言わんばかりの状況を目一杯楽しんでるし、周りの役員は会長を筆頭に美少女揃い。でも、会長は微妙にオタだし会計の子は極端なBL好き…。副会長は妹Loveの百合だし、書記はクールなS。イラストも小説の雰囲気に合ってますな。枕系列の人のイラストは制服がかわいいんだよねえ。黒が締まるわ。

ラノベ読んでて久しぶりにキャラに萌えたわ。萌えずにいられん。一押しがくるみと真冬ちゃん。暴走した彼女たちとその後の恥じらいっぷりがいいわあ。知弦と深夏も好きだけどちょっとインパクトが少なかったかも…。彼女たちにもっと出番を!!!

キャラの個性とネタで激しく突っ走っているけど、個人的にはこういうノリは大好き。でも単純にギャグをやっているだけでなくて、各キャラの話せない裏事情や学園の裏に位置する『企業』とその『スタッフ』の存在とかを隠し味に使って、うまくキャラ立てや世界を作っているのは好評価。表向き明るく馬鹿やってるキャラ達にちょっと陰が見せてるのはうまいよね。あと、キャラ設定から小説の組み立てまで結構凝ってる。最終エピソードで久々に「あっ」と思った。作者さんはこういうのに凝る人なのかな。

このまま捨て置くのももったいないワールドかなと思うので、なんとか膨らませてほしい。ネタがあまりにもいい感じなので連発するのは大変そうだけど。続き出たらぜひ読みたいなあ。

テーマ:ライトノベル感想 - ジャンル:小説・文学

2008.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | BOOK

BLUE DROP ~天使達の戯曲~

BLUE DROP~天使達の戯曲~ Vol.1

8点。綺麗なお話でした。こういうのはいいよねえ。アニメとしてちゃんとした続編が見たくなったぞ。

地球を調査する異星人の萩乃がクラスメートのマリと出会って友情を育んでいくお話なのかな。お話としては超王道。マリと萩乃の出会いは最悪だったけど、徐々に話をして仲良くなっていく様を丁寧に書いている感じ。せっかく想いを通じ合えたのに別れが来て…。ここら辺の組み立てはすばらしい。

お話は最後に一話の冒頭に繋がっていく。「俺達の戦いはこれからだ!」ってな感じ。本当に綺麗にお話を作っているよねえ。Suaraが歌うOPとEDもぴったり合っているのかな。

艦隊戦は結構いい感じだったのではないかと。デザイン的にも結構よかったと思うし、無人の艦載機を使った戦いや、別次元空間からの奇襲攻撃なんかも迫力あったかな。ちょっとBLUEの艦砲射撃が精密すぎてなんか反則気味なのは笑ったけど。

声優さんは萩乃役の沢城みゆきがいい感じ。普段の優しさと心の奥から溢れ出る激情のギャップが真に迫っていていいわ。あと、ツバエル役の後藤邑子も声質はいつものだけど、なんか雰囲気が変わって存在感があったなあ。

2008.02.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ

みなみけ

みなみけ 1 通常版

南家3姉妹とその仲間たちが送る愉快な日常を描くコメディアニメ。いやー、面白かったわ。テレビの前でげらげら笑いながら見てた。

8点を上げよう。

原作の印象より次女の夏奈がお馬鹿になって、いじられキャラになっている気がするのは自分だけ? ちょっとかわいそうになったけど、面白いからいいや。ほさか先輩のインパクトも結構あるけど、個人的にはマコちゃんのかわいさがなんともいえん。あと、春香姉さんが結構えろいんだよね。ボタンを掛け違えたシャツから見える胸が超絶えろいですわ。でもたまに見せる黒さが最高。中学時代に作り上げた伝説は腹抱えて笑った笑った。

これはアニメ化されてよかったんじゃないかなあ。絵も原作同様きれいだし。10話位から力尽きてきているけど。原作のすっきり絵を再現しつつ、色や動き、声をつけることで原作よりキャラが見やすくなったよね。原作はトーンやベタが非常に少なく線画が主なので見づらいんだよなあ。キャラの雰囲気もほぼ原作通りでよし。ほさか先輩やもう一つの南家もイメージ通りで楽しめた。

キャラが濃すぎて見ててちょっと疲れる所が減点かな。ほさかはキモイし夏奈は馬鹿なのがこれでもかというくらい強調される。連続してみるとちょっとつらい(苦笑)。まあこれは原作のカラーだから仕方ないんだけど。

次のおかわりはどんな感じかなあ。次回予告を見る限りは、キャラデザが一期目よりも濃くなっていてちょっと違和感あるんだけど…。うーん、なんか心配。

2008.02.12 | | Comments(1) | Trackback(0) | アニメ

ゼロの使い魔 双月の騎士

ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.1

ゼロ魔は前作は未視聴。原作も未読。前作見たかったんだけど、時間が合わずに見られなかったんだよね。シリーズを通してみたのはこれが初めてだったのでwktkしてた。

このシリーズの位置付けはどうなんだろう。原作のあるエピソードをなぞっているのかなあ。13話では全然綺麗にオチがついていないよ。小エピソードをつなぎ合わせた感じがするな。

ヴァリエール三姉妹もなかなかいい感じ。しかし見てるとえろげハーレム一直線だなあ。演出も全体的にお色気というよりすでにえろい。分かりやすいというかなんと言うか。シエスタがかなり大胆な行動に出てるな。アンリエッタはかなり優遇されているのかえろいです。はい。戦闘シーンは手が回らないのか全然動いてないけどな!

ルイズの釘宮はほんとよいくぎゅですな。ちうか、ハヤテのごとくのナギを思い出すというかキャラ的にも被るというか…。釘宮さん、ほんとこのキャラ設定の固定概念がついてしまいそうで大変だなあ。福山潤もルルーシュで同じ運命になりそうだけど(苦笑)。釘宮さんはツンツンなんだけど、かわいさが残る声色なのでいいんだろうねえ。癒されるわあ。

次もまた半年か一年位したら次のシリーズやるんだろうなあ。もう少しシリーズ内で話を完結してもらうと、見やすいんだけど。

2008.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ

«  | HOME |  »

プロフィール

はしばみゆう

Author:はしばみゆう
エロゲを始めてはや10年超。数はこなしていないけど、結構長くやっているオタモドキ。
ここでは主にPCゲームやアニメ、コミック、ラノベなどの感想を書いていきます。18歳未満禁止の話題が多いのでその旨ご注意くださいませ。
リンク、トラックバック等はご随意に。
何かありましたら、yu .(dot) hashibami @(at) gmail .(dot) comまでどうぞ。

ブクログ

ブクログ

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

カウンター

メディアマーカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。