FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

空を見上げる少女の瞳に映る世界

空を見上げる少女の瞳に映る世界 1巻 [DVD]6点。

なんかすごくセンスの古いアニメを見た気がする。見ていて一体何年前の作品やねんと突っ込みを入れてしまった。

作画とかは戦闘シーンとか苦にせずぬるぬる動いているのはさすが京都アニメーション。まあ、それだけなんだけど…。キャラデザイン、特にユメミをはじめとする地上人ヒロインは古くさいなあ。天上人、ムントとかリュエリとかはかっこよかったりするんだけど。劇場版もやるらしいけど、そのロゴもまた古臭いんだよなあ。

OPに使われているeufoniusリリースの『アネモイ』はお気に入り。TrueTearsのOP曲の人らしい。でも導入部を聞くとCLANNADの曲を思い出してしまうのはなぜ?(笑)

話の方は感情移入できなかったのでつらかったなあ。何がつらいかというと、登場人物同士話が通じてないこと。とにかく各キャラクター同士の考えていることが他のキャラクターにまったく伝わっていなくて、奇行に走っているようにしか見えてない。すれ違いってレベルじゃねー。涼芽の川渡りシーンとかさっぱりわけわかめだし。一般人代表のタカシは以知子と涼芽の行動を理解できず。最後の最後になるまでユメミの見ているものは以知子には理解できず。まあこれは最後はわかったらしいが…。最後は光に包まれてなぜか全てが終わっているので余計にいらいらするんだよね。フォローないし。

まあ主軸となる話自体が面白くないんだろう。いくら眠っている自社資産だからってわざわざ掘り起こさなくてもいいだろうに。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ

ヒナコレ。

ヒナコレ。 新装版 (ポプリコミックス 44号)

うーん。『もえひな。』を買ったら表紙につられて一緒に買っちまったい。こっちがシロガネヒナの処女作みたいね。

もえひな。と比べると絵は確実にもえひな。の方がうまくなってる。あと半脱ぎエッチは『ヒナコレ。』でも健在。とは言え、絵もシナリオもあっさり風味は変わらず。ただ、新装版用描き下ろしの「阿子さんの非凡な一日」が結構ラブリーで好きかなあ。「こまけん。」は続き読んでみたいかも。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

もえひな。

もえひな。 (ポプリコミックス 43号)

うーん。絵はかわいいし、シチュエーションは女の子のらぶらぶっぷりが良くて好きなんだけど…。妙にあっさりしすぎてないかなあ。絵も淡白だし話も淡白。えっちシーンもほとんどの話でフェラ→挿入のワンパターン。フェラしても飲まないし。

褒める所と言えば、体のラインは綺麗だよねえ。巨乳から貧乳までいるけど形崩れてないから好き。あと、ほとんどが半脱ぎなのも○。そうそう、書道の筆で愛撫する話もありますな。このアイデアはありそうで意外と見ないんだよねえ。シロガネヒナは女性の作家さんなのだろうか、あんまり荒々しいえっちシーンはないね。ちょろっとだけどショタっ子も出てきます。

絵柄はキャッチーだと思うのでもう少し頑張って欲しいなあ。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

絶対可憐チルドレン

絶対可憐チルドレン 01 [DVD]うーん、7点。

やっぱりちょーっと長かったかね。2クール、いや3クールくらいでよかったんじゃなかろうか。中だるみしてた気がする。小学4年生から始まって6年生卒業までやったのに、チルドレンの年齢的な成長イベントがあまりなかったからかも。話も次につながる重要な人物を登場させたりしているにもかかわらず、事件がワンパターンなせいかどうにもマンネリ感が漂うんだよなあ。いや、凡百のアニメよりはよっぽど出来はいいんだけどさ。

曲は結構好きなのが多かったかなあ。『絶対love×love宣言!!』と『DATTE 大本命』はかなり好きかな。コカコーラのiTunesくじを引いて当たったチケットで買っちまったい。

平野綾は癖のある声色なので、ラインバレルなど他のアニメではどうもしっくりこない役が多かったけど、これははまり役。元気なキャラだとイメージに合うのかねえ。あとはハヤテ役の白石涼子がイメージがらりと変えて葵役やってたのは意外。

とりあえず、小学生編は終わったみたいなので次は中学生編かな。一体どんな話になるのやら。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ

まりあ†ほりっく

まりあ†ほりっく 第1巻 [DVD]7点。面白かったー。原作はもちろん既読。

さすがは新房監督+シャフト、うまいねえ。ネギま?!のようにストーリー性が非常に強くキャラクターを下手にいじれないものならともかく、ひだまりスケッチとか絶望先生とかこのまりあほりっくのように、話の流れ自体があまりないマンガだと本当に面白い作品を作るなあ。プロデューサーもようやくこの監督の使い方に気付いたのだろうか。

ひだまりスケッチとかいい曲を使っているけど、まりあほりっくでも健在。OPとEDはほんといい曲です。OPは毎回飛ばさずに聞いてるもんね。演出も面白いし。EDはあのYMOの『君に、胸キュン』のカバーですか…。かなこ視線からするとアニメにばっちり合ってはいるけどこのセンスはさすがだわー。

原作の雰囲気を誇張しつつうまく新房ワールドに引きずり込む手法は健在。作品の舞台が女子高でガールズラブをやるということで、映像の演出は少女マンガ風味の絵を多く取り入れて素直にギャグをやっていたように思える。新房監督といえば文字の遊びだったと思うけど、それはほとんどなくて鼎神父の妄想表現ぐらいだったのが意外かなあ。見やすくてよかったけど。あとはGOD。GODのGOD足る所以をこれでもかと出していたのは見てて楽しかったなあ。目の表現とか最高ですw 原作コミックだとGDOの恐ろしさは伝聞調なので、あんまり実感湧かないんだよねえ。

見てて思ったんだけど、妙にエロく感じるのは気のせいかなあ。仕草とか、キャラデザインとかがなまめかしい。特にくまたん先生とか。静珠もぽろりしまくっているんだけどさ、かわいそうにw

声優さんも配役ばっちりじゃなかったかなあ。鞠也は大丈夫かなあと思ってたけどばっちりでございました。特にかなこをいたぶる平常モードの声色と猫かぶりの声色の使い分けはよかったかな。GODははまりまくり。あの口調がなんとも言えませんわ。茉莉花の冷たい声もいいよねえ。

全体的にまりあほりっくワールドを見せてくれて楽しかったんだけど、同じようなギャグの絶望先生よりかはちょっと切れ味が悪いように感じた。アニメの最後にあったおまけとか全然笑えなかったし。ちょっとネタ切れなのかな?

原作のシナリオは大体使い果たしたっぽいから、次やるなら2年後くらいかなあ。2期もぜひ見てみたいね。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ

アキカン!

アキカン! 1(通常版) [DVD]4点。なんという低予算番組。

原作は未読。鈴平ひろのキャラデザインというだけで番組企画が通ってしまったのかねえ…。小説は7冊も出てるから普通に小説の流れを追っていけばいいと思うんだけど、そんなにもアキカンエレクトをやりたくなかったのだろうか。番組最後に実写でアキカン紹介番組をやるぐらいなら、初めからアニメを作らずにドラマCD作って、アキカン紹介をするWebラジオでもやっていた方が安上がりでよっぽどよかったと思う。

エールと仲良くなる所まではよかったんだけどねえ…。頭をからっぽにしてのんびり見るには話の展開もなんとか及第点だったし、絵もそれほど崩れずにぎりぎり鈴平色を再現できていたと思ったのに。まあ主人公の下ネタはかなり微妙だったかな。

そらかけのレオパルド役といいアキカンのカケル役といい、これで福山潤は先のギアスのルルーシュ役のイメージをかなり払拭できたんじゃないだろうか。最初は結構ルルーシュのイメージが残っていたんだけど、最終話を見ているとそんな感じもだいぶ薄れていたしね。

マクロスFのランカ役のイメージが強い中島愛も、しょぼい敵役とはいえいい役もらってるな。これから頑張ってほしい所。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ

ツンな彼女がデレるまで

ツンな彼女がデレるまで (マンサンコミックス) (マンサンコミックス)タイトル通り、ツンな彼女がデレるまでを描いた作品。脅迫に近い感じで進んでいくんだけど、最後はみんな仲良くめでたしめでたしで綺麗に終わったのは評価できるかな。

行為そのものよりも、人間関係自体が綺麗に変わっていく様子はうまいと思った。ツンからデレに変わるのは方向が正反対なので難しいとは思うけど、そのギャップをうまく繋いでるね。

絵柄は表紙のままなので、それがO.K.な人なら特攻していいと思う。個人的には、線がちょっとマンガとしてはあっさりしすぎな気もするかなあ。デジタル作画しているらしいけどその影響かも? 成年向けコミック作家としては話の組み方はかなりうまいと思うので、原作という立場でキャッチーな絵を描く人と組んだマンガが見てみたいなあ。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

むちプリ

むちプリ (TENMAコミックス RiN) (TENMAコミックス RiN)タイトル通りむっちりしたかわいい女の子が気持ちよさそうに喘ぐ様はいいわ。純愛一辺倒なのも好みに合ってて大好き。

収録されているどの作品も好きだけど、一番最初のアキラとナオトが出てくる中編が一番かな。特にアキラのかわいさと言ったらないわ。あとは『彼と彼女の方程式』。彼氏と最近エッチできていない女の子が妹の助けで彼氏をその気にさせようとするお話なんだけど、王道とは言えすごく自然な話の流れでいい感じ。

全体的に線が濃いのがあれだけど、それはそれで女の子の体の柔らかさを醸し出しているのかも。絵的には表紙の感じそのままでちょっと流行から外れている気もするけど結構かわいいと思う。でも、『どしゃぶりデイドリーム』の8、9ページ目のアキラみたいな表情が安定して描けると、一気にブレイクしそうだよなあ。女の子をかわいく描くセンスは所々垣間見えるので要注目の作家さんですな。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

鉄のラインバレル

『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)5点。なんという厨二病作品。

だめですな…。最後までとりあえず見たけど、いらいらする作品だわ。何より主人公があほすぎ。たぶんあのあほさ加減を生温かく見守れないと楽しめないんだろうなあ。私はだめでした。

全体的に話が唐突過ぎていらいらするんだよなあ。道明寺はいきなり絡んできて早瀬軍団なんかつくるし、城崎の兄は加藤だったりするし、あげくの果てに加藤機関の目的とJUDAの目的は一緒なので共に戦おうなんてオチ、誰が想像するよ? 納得できません。

あと、最終回の最後の城崎が早瀬にいう言葉は「最低です」じゃないだろー。そこは「最高です」じゃないのかー。意味が通じないわ。

CGは動いているけど、彩色処理がいまいちなのと動きが妙にぬるぬる動いているから、背景のアニメ絵から浮いているし、サンライズとか比べるとやっぱり見劣りするなあ。頑張っている方だとは思うんだけどね…。

キャラは好きだったんだけどなあ…。城崎とか九条とか三角関係結構おもしろそうだったのに。まあ描こうとする話に対して尺が短すぎるのかな。もっと切り詰めないと。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ

生徒会の四散 碧陽学園生徒会議事録4

生徒会の四散  碧陽学園生徒会議事録4 (富士見ファンタジア文庫)うはー。

このままあいまいなハーレムを続けていくんだと思っていたんだけど、だけど、ついに、ついに真冬ちゃんが鍵に告白を~!!!!! この巻はヒロインたちが鍵にかなり積極的にアプローチをかけてくるなあ。もう読むだけでにやにやが止まらない。人前で読めないわ。私的に一番なのが第一話の知弦さんの握手占いだわ。もうもうもうたまりません。

こうヒロインたちに萌えている裏で、影に隠れてごそごそしていた謎の『企業』の話についにけりがつくのね。って一応話になってたんだ…と思ったのが正直な所。次巻が気になる~。

あとがきもいろいろ意味深なことを書いてあるし、続きが楽しみだわ。

テーマ:ライトノベル感想 - ジャンル:小説・文学

2009.03.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | BOOK

神のみぞ知るセカイ (2)

神のみぞ知るセカイ 2 (2) (少年サンデーコミックス)相変わらず面白いなあ。

今回の攻略対象は無理に背伸びをしているアイドルと人見知りが激しい図書委員。図書委員の汐宮栞は結構かわいかったなあ。ああいう無口だけど心は熱いキャラって嫌いじゃない。アイドルの中川かのんのシナリオはちょっと意外だった。アイドルキャラ自体あまり見ていなかったこともあるけど、自分のアイデンティティに不安を覚えて、他人とのコミュニケーションを求めるキャラって最近見ていなかった気がするので話の展開がかなり新鮮に感じた。

でも今回気になったのは本編じゃなくて作者の解説。ギャルゲを本当によく見ているなあと感じた。アイドルキャラのシナリオの考察は興味深かったかな。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

GOSICK II

GOSICK〈2〉ゴシック・その罪は名もなき (富士見ミステリー文庫)7点。ヴィクトリカの過去が明らかになる第二巻。

一巻と違って、ヴィクトリカの過去話を展開させる方に力を入れたせいか、ミステリーとしてはちょっと力不足かも。ハーマイニアの殺人動機だけはさっぱり分からず。ミルドレッドの絡ませ方もちょっと苦しかったように思うし。

今回はヴィクトリカの設定を出すのと同時に、ミルドレッドという面白いキャラを出して次につなげることを意識したのかな。身軽なキャラみたいだから今後もいろんなところで出てくるのだろうか。久城をからかういいネタになるかも。アブリルだとパワー不足だし。ブロワ警部は基本的に最後に事件を片付ける役だし。

今回もヴィクトリカはかわいかったなあ。拗ねるし寝ぼけるし。ホロヴィッツの宿屋での寝ぼけ姿は武田日向のイラストも相まって破壊力抜群ですよ? 村の祭りの占いを聞いた後のヴィクトリカの涙ぐんだ姿なんてかわいいのなんのって。いいツンデレですな。

富士見ミステリー文庫が終わったらしいけど、GOSICKは綺麗に完結させてほしいなあ。

テーマ:ライトノベル感想 - ジャンル:小説・文学

2009.03.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | BOOK

神のみぞ知るセカイ (1)

神のみぞ知るセカイ 1 (1) (少年サンデーコミックス)なんというギャルゲ(笑)

発想が非常に面白い!。ギャルゲ的展開をさせるためにギャルゲの攻略をそのまま現実世界に当てはめる話にしてしまうとは(笑) 絵も少しデフォルメちっくで癖が多少あるけど、結構かわいくてギャルゲの世界をうまく表現できているかな。

攻略キャラ使い捨てなのがすごい。まあそうでなければ収拾がつかなくなって大変なんだろうけど。今回の攻略対象の歩美と美生はテンプレだけどいいキャラだったなあ。でも、攻略キャラだけじゃなくエルシィも相当妹ポイント高い。お風呂場でのシーンは強烈すぎます。

あと話読んでて、作者がギャルゲを見ているのがよくわかる。いろいろネタ満載で勉強になるかもw 今回のポイントは、「好印象と悪印象は変換可能」、「遠すぎる二人を秘密がぴったんこ~」。お約束とはいえ、ルールを抜き出すと結構面白いなあ。特に前者の言葉は深い、深すぎる。

これは確かに話題になるだけあるわ。次も楽しみ。

あ、これアニメ化されるなら主人公は絶対福山潤だよな…(笑)。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

まりあ†ほりっく (4)

まりあ・ほりっく 4 (4) (MFコミックス アライブシリーズ)リンクは通常版だけど、購入したのはDJCD付きの初回限定版。

相変わらずのテンションで突き進むお嬢様学園の中で湧きおこるへんてこコメディ。いつもいじめられまくりなかなこが鞠也の弱みを握ろうと、屋敷内に忍び込もうとするが…。

今回は大きく分けて、GODの短編と鞠也の過去話の中編と、あといつも通りに鞠也にいじられるかなこの短編の3つ。

GODが相変わらずよさげですな。ちうかGODすげえええええwww

鞠也の過去話もおもしろかった。鞠也の過去とおばあさんとの話だけど、ここら辺の話が今後どんな風に繋がっていくか興味深々。ひょっとしてかなこの母親とのつながりに展開していったりして。妹の静珠は結構いいキャラなので、鞠也との入れ替わりとか期待、ちうか絶対やりそう。

アニメの方も録り貯めたものをようやく見始めたけれど、いい感じに原作の雰囲気を出していてよきかな。こっちも楽しみだねえ。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

るいは智を呼ぶ

るいは智を呼ぶ 通常版8点。

奇妙な縁で結ばれた6人の少女たちが、力を合わせて時には喧嘩もしながらも困難に立ち向かう青春ストーリー。2chベストエロゲー2008第三位の作品。

この作品をやっていて家族計画を思い出した。ただ、あっちほど物語を読んでいてカタルシスを感じることができなかったのは残念。完成度は高いとは思うんだけど、どうもやってて話にのめりこめなかったんだよね。うーん。

謎はほぼすべて作品中で消化したし、小ネタとか隠喩的なものはうまく作品中にちりばめていてここら辺はすごくセンスがあるかなとは思った。エイトドッグスなんて言い回しをさらっと出してくるなんてまさしくそうでしょ。その割には登場人物の言葉づかいはいまいち。「そんなの言わね!」と思う書き言葉的な台詞を言わせ過ぎていたのは減点。もっと倒錯した純文学的な世界ならともかく、ファンタジーとは言え普通の街が舞台だしね。なんか合わない。

絵は綺麗。8人それぞれ美少女だとは思うんだけど、人形のような精緻な美しさを感じさせるデザインで、まさに話とぴったりだったかと。花鶏とかまさにそうだよね。あの絵にあの言動だからさらにエロいw 彩色も乙女の肌のきめ細やかさがなんか感じられてよかったとかな。えちシーンは智のあまりのかわいらしさに百合的な雰囲気が漂いまくり。女装少年の中ではトップを争う人気になったのでは(笑)。

演出は結構よかったんではないかと。特に立ち絵を動きのある絵中心に揃えたので、アクションが多いこの作品ではうまくその動きを表せていたと思う。

声優さんは大のお気に入りがるい役の有栖川みや美と宮和役のさくらひなかな。特に有栖川みや美はいい感じだねえ。まさに正統派ヒロインって感じがする。演技もがんばっていたしね。花鶏と喧嘩をする時のうなり声なんて、シーン毎に変化をつけていたのは素晴らしかった。ここら辺丁寧に演技しているなあと思った。花鶏役の天乃そらがちょーっとその辺物足りなかっただけに余計にそう思うかな。声質的には天乃そらと茜子役の桜坂かいが変わってるので面白い存在かな。伊代役の水鏡は役が地味すぎてちょっと目立たなかったのがかわいそうかも。好演していたんだけどね。

普通の恋愛シナリオは飽きたかなって人にはお勧めかな。特にみんなで群れて騒ぐ青春物が大好きな人にはぜひやってみてほしい。2008年を代表する作品だとは思うので。

あ、あとOHPを見て智に一目ぼれした人にもぜひ! かわいすぎます。男だけどw

続きはちょっとネタばれ的な話をしてみますかね。


【“るいは智を呼ぶ”の続きを読む】

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

2009.03.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲーム

メディアマーカー

メディアマーカーというのに登録してみた。My本棚を公開できるサービスはちょこちょこ見たことはあったけど、いまいちやってみたいとは思えなかった。今回のメディアマーカーは機能が豊富のようで、お試しに使ってみようかと思う。

ぱっとみて、利点は
  1、携帯からの利用を想定している。
    携帯からの閲覧だけでなく、登録もO.K.
  2、アマゾンで閲覧できるものなら、本に限らずなんでも可
    特にアダルト制限もなし
  3、アイテムのステータスが細かく管理可能
    購入日、金額から、未読、完了までいろんなステータスを各アイテムに付与可能

一番うれしいのは2番。エロゲ感想の比率が結構大きいので、これができないと利用価値が半減するのよね。本もそうだけど、エロゲも大概積んでいるので趣味の本とエロゲまとめて購入予定、購入、完了リストを管理できるのはありがたい。

サイトを見ていると、まだまだこれからのようで、利用者もすこし閑散としてるかな。ぱっと見た感じ、新書やラノベの読者が圧倒的に多そうだけど、エロゲのエントリもちらほら見られるので、私も参加することで盛り上げてみたい。

先日、このサイトを見やすいように年度別に既読書エントリへのリンクページを作ってみたけど、これからはメディアマーカー側を見てもらって、感想はこちらに飛んできてもらう方がいいかもしれないと思った。ま、ぼちぼちやってみよう。

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

2009.03.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

R18! (1)

R18! (1) (まんがタイムKRコミックス)何も知らないニート女子が姉に誑かされて、エロゲ制作会社に入社してしまうお話。というかひたすらおっぱいを揉んでるだけのダメ人間を描いた四コマw いいのかなあ。まあ絵はかわいいよね。

しかし「こえでおしごと!」もそうだけど、姉に引きずり込まれるっていう導入部が一緒ってのもなんか笑う。

1巻というだけあって、キャラクターの個性付けをするのに精いっぱいでネタをあまり仕込めていなさそう。作者がもともとエロゲ会社(?)のグラフィッカーをやってただけあって、その辺のネタ出しは2巻以降なのかな。新堂真弓への取材ネタを最後の声優回に持ってきているくらいなので、業界人とのパイプはあるのだろうか。今後に期待したい所。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2009.03.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

«  | HOME |  »

プロフィール

はしばみゆう

Author:はしばみゆう
エロゲを始めてはや10年超。数はこなしていないけど、結構長くやっているオタモドキ。
ここでは主にPCゲームやアニメ、コミック、ラノベなどの感想を書いていきます。18歳未満禁止の話題が多いのでその旨ご注意くださいませ。
リンク、トラックバック等はご随意に。
何かありましたら、yu .(dot) hashibami @(at) gmail .(dot) comまでどうぞ。

ブクログ

ブクログ

ブログ内検索

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

メディアマーカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。