FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Like a Butler

Like a Butler7点。求めていたものとはちょっと違ったかなあ。

AXLブレイクのきっかけとなった『恋する乙女と守護の楯』の長谷川藍の最新作。ひょんなことから超VIPだけが通うセレブ学園に入学することになった庶民の奏と和樹が、今までの常識が通用しない世界で体当たりで交流を深めていく。

という出だしで始まるこの作品だが、NHKでやってるアメリカンホームコメディを見てるかのような話だった。恋盾のような面白さを期待していたこっちとしてはちょっと肩透かし。

恋盾で魅力に感じた所って、要人警護というシビアな職務を中心としたシリアスなストーリーに、変なキャラ、設定を使ったコメディで味付けされていた所だと思う。今回はこの中心柱となる話が目線が下がって低年齢化した感があるんだよな。手垢が付き過ぎたテーマだけに、もうちょっと目先を変えてくれないとあまり面白くないなあ。金持ちと庶民との価値観がどうのとか、身分の差がどうのとか、生徒同士の交流がどうのとか。最近でいうと、PULLTOPの『てとてトライオン』でも感じた所。

徹底的にばかばかしいコメディで売っていけるならそれもよかったんだけど、長谷川藍にはちょっと合わない路線だったんじゃないかと思う。セーラルートや霧子ルートでも少し出ていたけど、どうせ恋盾の世界を持ってくるなら、恋盾外伝とでもして、霧子先生を準主役にでもしてやればよかったんじゃない? 

あんまり好みじゃなかったとはいえ、その中でも奏と瑞穂ルートがそこそこ楽しかった。どっちもキャラの魅力が引っ張った感じ。奏ルートは収まる所に収まった感じで純粋にキャラの魅力を堪能できたし、瑞穂ルートはぶっちゃけかわいい顔して毒舌キャラの魅力にやられた。えちシーンでのかわいさもちょっと悶えたし…。両ルートはあくまでコメディで王道路線。話の筋が沈みそうになると、タイミングよく笑いを仕込んで浮かせようとしていたのは○。ただ、更紗とセーラはテーマ自体が真面目(更紗は家柄、セーラは誘拐)すぎて、ちょっとその辺中途半端だったかな。

声で印象に残ったのはセーラ役の海原エレナ。あほっぽい(笑)子の演技が妙に耳に残った。こんな子がいたら和みそう。逆に聞いていて好みに合わなかったのが執事の由宇。ハスキーっぽい声は男性声優じゃなくて女性声優がやった方が聴きやすいなあ。男がその手の声を出すと、声に艶がなくなるというか、かすれて貧相になっちゃうんだよね。

あと、Vista32bitでやってたんだがやたらと落ちた。おかげで既読フラグがちゃんと立たなくて、CG埋めるのに結構時間かかったのには参った。パッチが全然出ていない所を見るとXPだとちゃんと動くんだろうなあ。AXLのシステムはVistaで不具合抱えているフレームワークでも叩いているんかね。この辺はWindows7がリリースされた昨今だとこなれてくるかな。

SD絵もとってもキュートだったし、あらすじ解説システムも◎。拡大縮小でのインパクトはもとより、心の声をエフェクトかけて流すとか、オーディオビジュアル面での演出の強化には目を見張る所はあるだけに、話に入り込めなかったこの作品は残念至極。シナリオの長さは短くなってもいいからもうちょっと渋い話が読みたいです。学園物で学生同士が恋に落ちる『だけ』の話はノーサンキューかなあ。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

2010.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲーム

壊して下さい

壊して下さい (MUJIN COMICS)タイトル通り、ハードSMもの。

器具を使った行為が多くて、その描き方が綺麗なのが特徴。器具の使い方も定番を抑えているし、体位やそれを描く際のアングルのうまさが際立っているなあ。「若葉」とかうまいなあと思った。あとは拘束するなら目だけじゃなくて口も徹底すればよかったと思ったけど、女性側の台詞そのものが消えるのでさすがに作劇的には無理か。

拘束行為がレベル高い反面、ページ数の関係でストーリー性には難有り。その辺はトレードオフなのでお好みで。あと、個人的には男女とも目の描き方が結構好きじゃないなあ。まるでマネキンのように感じられて仕方がない。ただ、本作のように、おもちゃのように弄ばれる女性、そして感情もなく女性を犯す男性の関係を描くのにはうってつけのキャラデザなのかも知れない。

様式美を感じさせるSM系作家さんとしては、今後注目されそう。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2010.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

高山神社のはるかさん

高山神社のはるかさん (ホットミルクコミックス 314)巫女さんかわいい。

全体的にほのぼのしている雰囲気が○。その中でも女の子のキュートさを描くのに長けている作家さんですな。女の子の喜怒哀楽がはっきりしていて、読んでてによによしてますた。

中でも、表題となっている中編の『高山神社のはるかさん』がお気に入り。好きな男の子のために空回りしてしまう女の子は大好きですよ、ええ! 最後はキスで終わる告白はお約束ではあるけれども、綺麗に〆で好き。この辺構成が手馴れてる印象を受けた。尖ってはいないかもしれないけどレベル高いなー。

絵柄的には等身が高いのと巨乳な女の子が特徴かなあ。あと、コメディ場面で出てくるSD絵がとってもかわいい。全体的に絵にちょっぴり硬さがあったりするけれども、描き慣れていけばもっと柔らかい表情もできたりするのではと期待してたり。男性側の絵が女性側に引き摺られていないのも好み。ちぇきらしておこう。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2010.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

絶対女王にゃー様

絶対女王にゃー様 (ガガガ文庫)知る人ぞ知るJ・さいろーのラノベ作、『にゃー様』こと「絶対女王にゃー様」。

一言でいうとすんごいえろい。一般文芸とかにたまに見る乾いてカサカサしたえろさじゃなくて湿ったえろさというか。J・さいろーといえば自分の中では「ゆのはな」の穂波のイメージが強いんだけど、あの時より数段えろい。これが妄想力というものか!!! 昔テレホンセックスという言葉とか流行ったなーとか思い出したが、はまるのも無理はないわ。本作も感情を抑えた淡々とした文体で綴られていて、その辺りもえろさを引き立てている感じがする。感情という余計な情報があまり表に出てこないせいかも。今では当たり前となったえろげの綺麗なイラストやエロかわいい声も、妄想力を邪魔しているところがあるのかもしれないなあ。

そんな感じで、ガワはえろいけど中身はちょっぴりミステリアスな青春小説。いじめにあって登校拒否になった少女『香苗』とその幼馴染の少年『輪玖』、そしてその少年のあこがれの少女『結華』の三人を中心に話が進んでいく。なぜ香苗が『にゃー様の宮殿』などというサイトにアクセスしていたのか。そしてにゃー様とは一体誰なのか。正体を見破ろうとする輪玖の気持ちをまるで見透かすように弄ぶにゃー様から目が離せない。こんなにゃー様の一挙一動から芽が離せなくなる私って、すでに奴隷にでもなったのかしら(苦笑)。

一方、三人の多感な中学生達のとても微妙な関係にも注目。あこがれとコンプレックスと恋心とがないまぜになった複雑な気持ちの上で成り立つ微妙な関係が、いつ、どのようにして変わっていくのかがとても楽しみ。にゃー様はアメをあげてからムチでしばきたい放題するみたいな怖いことを言っていたけれども。一体どんな結末を迎えるやら…。

一巻の最後で香苗が登校するということになって彼らの微妙な関係が早くも動き出した。にゃー様の意味深な物言いといい、引きはいい感じ。早く二巻を読まないと。

テーマ:ライトノベル感想 - ジャンル:小説・文学

2010.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | BOOK

近親情姦

近親情姦 (エンジェルコミックス)女性作家さんらしい容赦ない陰鬱さが特徴の作品。

実弟から始まって、実父、義父によるレイプ。極めつけには実妹が兄の恋人を家に呼び出しておきながら、目の前で兄を寝取るなど、性行為が幸せに繋がらない描写が多いのが印象。たまにラブラブな作品も混じっているけれども、胸や性器を強調する体型と「アブない水着」のようなへんてこな服装のせいで、どうにも雰囲気的にのめりこめなかったり。

あと、表紙買いはちょっと危険かも。カラーページは比較的キャッチーだけれども、中身のモノクロページの方はまだ発展途上という印象。まだ描くスピードが速くなくて、カラーページみたいに線を直しきれていないのかも。ただ、それゆえに女性の表情などの中のいくつかはなんともいえない味わいがある。

陰鬱な作品のほうが雰囲気が出ていたので、画力がもっと上がると陵辱系としていい作品が描けるようになるのかも。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

2010.02.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | コミック

«  | HOME |  »

プロフィール

はしばみゆう

Author:はしばみゆう
エロゲを始めてはや10年超。数はこなしていないけど、結構長くやっているオタモドキ。
ここでは主にPCゲームやアニメ、コミック、ラノベなどの感想を書いていきます。18歳未満禁止の話題が多いのでその旨ご注意くださいませ。
リンク、トラックバック等はご随意に。
何かありましたら、yu .(dot) hashibami @(at) gmail .(dot) comまでどうぞ。

ブクログ

ブクログ

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カウンター

メディアマーカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。